雨の日拝

鉛色の空から、銀の線が降りるとき
わたしは寝屋から太陽を幻視る

降り注ぐ銀の線をくぐり抜け
垂れ込める鉛の雲を突き抜け
山の向こうに

太陽が輝くとき
わたしは舟を幻視る

船には神
中央に一柱
舳先に一柱

神は目指す
夜の帳から
明るく輝く昼の世界を作る事を

ブックマーク へのパーマリンク.

One Response to 雨の日拝

  1. ピンバック:IRC公開LOG #もの書き 2014年12月20日 | クリエイターズネットワーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。