さくらVPSのCentOS7上にSublimetext3を使った開発環境を建てる2

デスクトップ環境:X-windowとxfce
リモートのサーバ:tigerVNCサーバ
環境:サーバ:さくらVPS 4Gプラン CentOS7 minimal クライアント:Windows10
■xfceを入れる
0.remiリポジトリを入れる(前提のepelを入れるのを忘れないように)
1.epel,remiリポジトリのenabled=0にしておく
2.デスクトップ関連のgroupinstall
yum groupinstall –enablerepo=epel “X Window System” XFCE Desktop Fonts
3.xfce4-terminalのインストール?必要じゃ無いかも
yum install –enablerepo=epel xfce4-terminal xfce-utils
4.iconのインストール
yum install gnome-icon*

■tigervnc
0.tigervncを入れる
yum install tigervnc*
cp /usr/lib/systemd/system/vncserver@.service /etc/systemd/system/vncserver@:2.service
1.vim /etc/systemd/system/vncserver\@\:2.service を行う
<USER>となっている部分を利用するユーザに変更する

2.自動実行するように変更する
systemctl daemon-reload
systemctl enable vncserver@:2
systemctl restart vncserver@:2

3.ファイアーウォールの設定
firewall-cmd –permanent –zone=public –add-port=5902/tcp
firewall-cmd –reload

■日本語用TTFフォント(Ricty)を入れる
0.gitを入れる
yum install git
1.FontForge のインストール
yum install fontforge
2.Inconsolata(Font) のインストール
git clone https://github.com/google/fonts.git
3.Inconsolataフォントをシステムにコピー
cd fonts/ofl
cp -r inconsolata /usr/share/fonts/inconsolata
4.Migu 1M のインストール
wget https://osdn.jp/projects/mix-mplus-ipa/downloads/63545/migu-1m-20150712.zip
unzip migu-1m-20150712.zip
cd migu-1m-20150712
mkdir /usr/share/fonts/migu-1m
cp migu-1m-*.ttf /usr/share/fonts/migu-1m
5.フォントキャッシュを更新
fc-cache -f -v
6.Rictyスクリプトの入手
git clone https://github.com/yascentur/Ricty.git
7.Rictyスクリプトの実行とインストール
cd Ricty
sh ricty_generator.sh auto
mkdir /usr/share/fonts/Ricty
cp Ricty*.ttf /usr/share/fonts/Ricty
8.フォントキャッシュを更新
fc-cache -f -v

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。