SublimeText3で行った設定について1

■SublimeText3をCentOS7(&xfce)にインストール

■PackageControlのインストール

https://packagecontrol.io/installation
上記のURLに入っているページを参考に
1.View>ShowConsole
2.Sublime Text3のコードをコピーアンドペーストでコンソールに貼り付け、Enter。

■文字コード対応

ConverToUTF8
1.ctrl+shift+pでパッケージコントロールを呼び出す。
2.「Install Package」を選択を選択してEnter
3.「ConverToUTF8」を選択して、Enter
これで、UTF8以外の文書を開く事が出来るようになる。
保存するときには、元の文字コードで保存されるので心配しなくても良い。

■全角スペース対応

TralingSpaces
1.[Preference] → [Settings – User]
“draw_white_space”: “all”
(前の項目の最期に”,”を付けるのを忘れないこと)
2.ctrl+shift+pでパッケージコントロールを呼び出す。
3.「Install Package」を選択を選択してEnter
4.「TralingSpaces」を選択して、Enter
5.[Preference] → [PackageSetting] → [TrailingSpaces] → [Setting – User]
{
“trailing_spaces_regexp”: “ |[ \t]+”
}
を入力保存。再起動。

■対応するカッコを強調する

BracketHighlighter
1.ctrl+shift+pでパッケージコントロールを呼び出す。
2.「Install Package」を選択を選択してEnter
3.「BracketHighlighter」を選択して、Enter

■コマンドプロンプトを自動で開く

Terminal
1.ctrl+shift+pでパッケージコントロールを呼び出す。
2.「Install Package」を選択を選択してEnter
3.「Terminal」を選択して、Enter
4.「ctrl+shift+t」でファイルが存在するフォルダを開く

■オートコンプリート強化

All Autocomplete
1.ctrl+shift+pでパッケージコントロールを呼び出す。
2.「Install Package」を選択を選択してEnter
3.「All Autocomplete」を選択して、Enter

■python実行

SublimeREPL(SublimeREPLは多言語のインタープリターを実行するパッケージ)
1.ctrl+shift+pでパッケージコントロールを呼び出す。
2.「Install Package」を選択を選択してEnter
3.「SublimeREPL」を選択して、Enter

 

日本語環境の作成は、CentOSでは簡単にいかなかったので、別記事で。

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。