JavaFX開発環境を整える

先日、授業の調べ物で気になり、ちょっとだけ取り上げたJavaFX。学生にも好評だったので、もうちょっと自分でも触ってみる気になった。というわけで自宅に開発環境を整備する。

必要なモノ一覧。

  1. eclipse4.6
    1. 今回はPleiadesプロジェクトでDLした。eclipse4.6Neonのx64版。Java開発環境のFullバージョン。
  2. SceneBuilder
    1. JavaFXで外観を作るのに使うツール。Eclipseにe(fx)clipseをインストールした後、連動設定が必要。
  3. Xtext
    1. e(fx)clipseをインストールするために必要。サーバが弱いのか、インストールにめっちゃ時間掛かる。
  4. e(fx)clipse
    1. eclipseでJavaFXを使うために必要なプラグイン。

eclipse4.6のインストール

今回は最初から日本語環境で使いたかったので、PleiadesプロジェクトからDL。バージョンは4.6Neon。JavaJRE付きのFullバージョン。全部で1G程だったが、回線の調子も良く、数分でDLできた。DLした後は解凍。Explorerの標準ツールで「全て解凍」を選択。eclipseは階層が深いので、Cドライブ直下に解凍する。つまり「C:\」だ。解凍すると1.6G程になる。「c:\pleiades\eclipse」にあるeclipse.exeを実行すれば良い。

SceneBuilderのダウンロードとインストール

SceneBuilderのサイトを開き、DownLoadを選択。自分の環境の合わせた物をDL。私はWindows10ProなのでWindows Installer (x64)を選択。msiファイルなので、DownLoad後は普通に実行してインストール。インストールされるフォルダは「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\SceneBuilder」。このフォルダは、e(fx)clipseと連動させる際に必要なので覚えておくこと。

Xtextのインストール

e(fx)clipseのインストールに必要なXtextをインストールする。インストール方法は

  1. Xtextのサイトを開き、DownLoadをクリック、Releaseのリンク先URLを右クリックして取得する。
  2. eclipseを開き、「ヘルプ>新規ソフトウェアのインストール」を選択
  3. 作業対象右の「追加」ボタンをクリック
  4. 出てきたダイアログの名前に「Xtext」、ロケーションにXtextサイトで取得したURLをペースト
  5. 後は、指示に従ってインストール。

私の場合、回線が細く、中々終わらなかった。3時間ほど掛かったかなぁ。皆さんも時間の余裕を持って行って欲しい。

e(fx)clipseのインストール

Xtextとインストール方法は同じ。

  1. e(fx)clipseサイトを開き、上のメニューからInstallを選択。文中のリンクURL(2016/11/09時点ではバージョン2.4.0)を取得する。
  2. eclipseを開き、「ヘルプ>新規ソフトウェアのインストール」を選択
  3. 作業対象右の「追加」ボタンをクリック
  4. 出てきたダイアログの名前に「e(fx)clipse2.4」、ロケーションにe(fx)clipseサイトで取得したURLをペースト
  5. 後は、指示に従ってインストール。

SceneBuilderとe(fx)clipseを連動させる

やり方は

  1. eclipseを開き、メニューの「ウィンドウ>設定」を選択
  2. 左の一覧からJavaFXを選択
  3. SceneBuilder executable欄の参照ボタンをクリックし、SceneBuilderのexeを選択(C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\SceneBuilder\SceneBuilder.exe)する。

Applyして、OKすればできあがり。

環境出来上がったら、次はプロジェクト作成してアプリ生成だ。

ブックマーク へのパーマリンク.

One Response to JavaFX開発環境を整える

  1. ピンバック:IRC公開LOG #ぱそ 2016年11月9日 | クリエイターズネットワーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。