SSD変更

色々有って、メインマシンのSSDが更新された。この記事は、いざという時の自分用のメモ。

SanDisk sdssdxps-480g-j25 2016/9/21
CSSD-S6T512NHG5Q 2013/11/16

この状態から

CT1000MX500SSD1/JP 2018/1/23 1T 830GB
CT525MX300SSD1/JP 2018/1/23 525GB 445GB

こういう感じ。

今まではユーティリティソフト入れてなかったが「crucial storage executive」を導入。1次キャッシュはデスクトップマシンなので使わず。代わりに(?)オーバープロビジョニングにたっぷり領域を捧げる。CT1000MX500には100Gほど、CT525MX300には40G位だったか?お陰で実行領域が減ってしまったが、まぁ良い。なんか速度も上がった気がするし。特に、起動時に。
オーバープロビジョニングの設定の時に参考にしたのは「Crucial SSDがさらに高速化「Storage Executive」が最高すぎる

更に、もうちょっと出来る事は無いかとごそごそしたところ、「【2018年版】Windows 10におけるSSDの設定方法と最適化 – 公安9課」という記事を見つけたので、そのうち自分が取り入れて良さそうな「仮想メモリの無効」「ハイバネーションの無効」を取り入れてみた。どうなるかな。

 

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。