手乗りデグー

今朝、ケージの中で上の方の止まり木に止まっているデグーに、上の出入り口から手を差し入れた。すると、最初は指に甘噛みしていたデグーが手のひらに載ってきた。手乗りデグーである。

さらに手首から肩口の方まで登ってきたそうにしていたが、朝の忙しい時間に散歩されると非常に困るので手のひらの方にお帰り願った。デグーの足の裏はひんやり冷たく、肉球の感触は良く分からなかった。

手のひらにすっぽり入って休んでいるデグーを見ると、すごく幸せな気分になってきたw 今日も一日頑張れそうである。

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。