鬱の事。

鬱が一度きりのモノでなく、何度もなるモノになったことが分かってから、俺は何事にも全力をかけられなくなってしまった。
全力を出すと、次の日に引っ張ってしまう。
その影響が溜まると、あっという間に鬱になる……。すかしてる訳じゃないんだが、全力を出せない体になってしまった……。
人が残業していても、早く帰れそうなら空気読まずに帰る。昔は10時11時くらいまで全力で働けたのに、今は定時を超えるのがやっと。何とも情けない。
全力で働ける脳みそだったら、もっと金を稼げる仕事も、もっと燃えられる仕事も出来ただろうに……。

ブックマーク パーマリンク.

鬱の事。 への1件のフィードバック

  1. Seki の発言:

    言われるまでもないとは思いますけどそればっかりは仕方ないですよ。
    能力のある人がいれば能力のない人もいる。
    健康な人がいれば身体の弱い人もいる。
    不慮の事故で持っていたものを失ってしまった人もいる。
    昔出来ていたことがいろんな理由で出来なくなってしまった人だっている。
    我々はみんな今の自分に与えられている環境や状況に合わせて生きるしかないんですもん。
    ただ、心の病から来る「出来るはずのことができないもどかしさ」というのはきっとほかのことよりもずっと深いのだろうと言うのはなんとなくはわかります。
    励まそうとしているわけでも、共感しようとしているわけでも。まして諭そうとしているわけでもないですが、成るようにしか成らない事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。