BoxVRにまつわるいろいろ

2/3から始めたBoxVR。おおよそ継続中。
まだそれほど長い時間は出来ない。
3,5,5とかのワークでおおよそ15分やると、もう足が立たない。肩が上がらない。足はファイティングポーズの維持、踏み込み、ダッキングなどで。肩は腕を上げ続けることと、パンチそのもので動かなくなる。
最期の方は、声出ししないともう駄目。
汗だくでぷるぷるな様子は人にみせられんな。しかし、体重も増えてる(おおよそ90kg)し、どげんかせんとね。30分以上続けるのが良いとか言われるが、今の体力じゃ無理だねぇ。30分もやったら多分その日は使い物にならん。

そうそう。後は、汗が臭いんだわ。運動不足の老廃物が排出されてるのかね。毛穴辺りが余り使われてなかったから色んなカスでも詰まってたのかもしれん。
まぁ運動時間が長くなって、沢山汗が流れるようになれば多少はマシになるかもな。

ただなー。VR機器に汗が染みこむのが辛い。臭くなりそう。雑菌増えそうだし。
ヘッドマウントディスプレイの装着部とイヤホンがなぁ。終わった後は明らかに湿ってる。
なので、先日、オゾン発生器とシリカゲル系の猫砂買った。
猫砂と装着部とイヤホンを密閉容器に入れて除湿し、オゾン発生器で除菌するという作戦。上手く行くと良いな。
ただまー、装着部については、予備のことも考えて、別メーカーから出ている何かを買った方が良いかもしれないな。

色々とみてたんだが、最終的には「SPEED オゾン空気清浄機」、色々見てたのだが、値段と対応する広さ、能力、レビューを見て決めた。
日本製を優先したかったが、駄目だったなぁ。
猫砂はホームセンターで適当に。品名は今分からん。

 

VR環境整備とGravity Sketch VR

本日は、他にも仕事は有ったがVR三昧をかましてやった。かっとしてやった。多少後悔している。

VR環境がどうしても安定しないので、色々と検索したりFAQを読み込んだりする。
読んでなかったんかーい!と突っ込まれそうだが、英語なんだよ。読みたくないんだよ。めんどいんだよ。
そうして分かったこと。

  • デバイスドライバの汎用USB。その電源管理のタブにある「電力の節約のために」ってとこ。カット。
  • ASUSのユーティリティソフトAI SUITE 3 こいつも駄目。アンインスト。

これで大体良くなってきた。

後にBigscreenで動画再生や通常のSteamゲームを試してみる。
映画館並みのスクリーン環境で見る動画は中々の迫力。ゲームも。
ただ、解像度が荒いので字がつぶれてしまうし、操作性も今一。これはそのうち改良されるだろう。

そっから色々遊んでいると、Gravity Sketch VRと言うソフトを再発見。
これは、以前見つけたけど、ちょっと止めといたのだ。3Dモデルのソフトなんだけど。
ライセンスの所を良く読まず、毎月の課金が必要だと思い込んでしまったのだ。
ソフト名で検索して日本語の説明記事を見つけると、自分のようなアマチュアは買い切りのライセンスで十分とわかった。
なら買ってみようと言うことで買ってみた。
まだ触ってないけど、Twitterで検索して見ると結構評判は良いようだ。

MasterpieceVR、4つめ。

やっとこさ、マシになってきたが。時間が掛かりすぎる。このクォリティで30分以上とか。無いわー。

でもまぁ構造とか頭に入ってきた。一端リアル系のものを全身作ったら変形させた物も作ってみたい。

MasterpieceVRにチャレンジ開始

実はHTC-VIVEを昨年10月末に購入していた。設置は11月半ばだったけどね。併せて幾らかソフトウェアも買っていたのだが、あまり遊んでいなかった。全く残念な事である。

買ったのは主にモデリングソフト。Steamで目に付いたものを適当に買っている。一度もやったこと無いのに無謀な物である。

  1. AM Model Viewer
  2. Kodon
  3. MakeVR Pro
  4. MasterpieceVR
  5. Strata Spaces VR
  6. Verto Studio VR

と、一度に買ったわけじゃ無いけど、結構頑張ってみた。

何度かチャレンジしてみたんだが、こういうのはほぼ初めてなので全然上手く行かず。3D酔いするし、半ば放置。高かったのに。

やっと一昨日くらいからやる気が出てきて、試しているんだが。全然思うように行かない。ZBrushの初心者向けページ見たりして、勉強し。出来上がったのがこの画像。

デグーを作るのがひとまずの目標だが、遠いようだ。