CentOS6.3にRuby1.9.3をインストールする

まずRailsを入れるにはrubyが入ってないことには話にならないのでインストールする。

良く見ると、前インストールした時はメモ残してないのね……。とりあえずRVMとかは使わずに普通に入れる。

参考

  • http://o.inchiki.jp/obbr/5
  • http://d.zeromemory.info/2012/03/22/install-ruby-sakura-vps-centos.html/comment-page-1

ライブラリをインストールする

 

yumで入らないもの: yamlをソースから入れる

 RubyをDLしたら。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

rakeを実行するとエラーが出る

とすると

こんな感じでエラーが出る。そんなときはしかたがないのでGemfileに次のgemを追加する。

Gemfileを閉じたら、bundle installを実行してgemを更新。そうするとうまくいく。therubyracerに関しては、ぐぐったらそれが先に出たから使ってるが、別に他の演じんでも構わない。いろいろやって行く先で決めていけばいいと思う。

サーバの構築とプログラム開発の計画発動

職場の環境を再構築することになった。その際に、単なるリプレースじゃなく、人材・資格管理用のRailsプログラムの開発も行うことに。

そのため、まず既存のサーバのOSを再インストールし再構築。SambaサーバとClonezillaサーバを立て、各教室での利便を図る。

人材・資格管理用プログラムの開発と実行用にCentOSサーバを一個構築。こっちは開発を兼ねてるからぐだぐだになりそうだけど……。

MySQL+Accessか、Railsで組むかで悩んだんだが、結局自分のスキルアップも兼ねてRailsで行うことに。帳票についてはThinreportsという帳票ソリューションを見つけたのでこれを使ってみようと思っている。GUIでの帳票開発ができるのが良さげだ。ただまぁ開発途上ということで使い勝手はあまり良くないらしいが。とりあえず必要な帳票はそんなに複雑ではないのでなんとかなるだろう。多分。