アクアテラリウム水槽二号機稼働中

前回、アクアテラリウム水槽の作成途中の様子を書いたのだけど。
何のかんので出来上がったのは送り火の日、8月15日。

←は、お盆の日の空。良い空だった。

 

 

で、結局、密閉瓶では無理と言うことで、12Lのウォータータンクを使って外部フィルターを作成。蓋から水が漏れるのを何とかしようと奮闘していた。Oリングを買いあさったり、バスコークで溝を埋めたり。しかし全部駄目で、結局標準のOリングと水道用のシールテープで上手く行くようになった。

循環用の水中ポンプはPP-51。予備として「エーハイム コンパクトオン 600」もある。ただ、こっちは稼働試験してない。圧力が強すぎて蓋から水漏れするかも。PP-51が壊れる前に実験しておきたい。

現在、水替えなどをしつつ様子を見ている。普通の外部フィルターとはちょっと動作が違う。タンク内の空気圧がダンパーとなり、水が押し上げられている。サイフォンの原理でやってるつもりだったが、これ違うなぁと、動き始めてから気づいた。なんともはや。

アクアテラリウム水槽二号機作成中

7月半ば、AQUA-U水槽の不調が、運営に支障を来すまでになった。折角なのでもう一つアクアテラリウム水槽を作成することに。

マリーナM 水槽ブラックを購入し、オブジェを作成。オブジェは、水中ポンプとヒーターを隠し持てるようにアクリルのボックスを核とした。ボックスと別に岩の壁を作り、蓋にも岩の壁。そうすることで水量を稼ごうという腹だ。

もう一つ、外部フィルターの自作を目論んだ。色々な方法があるが、密閉ガラス瓶に穴を空け、水中ポンプと繋げる方法を採る。幸い私は割と良いリューターを持ってるので、穴開けはスムーズに行えた。まぁさすがに5mm以上の厚さの蓋は苦労したけど。

ある程度出来たところで、仕事が忙しくなり、他のこともしたくなり、十日以上放置状態が続たいのだが。

仕事の都合上、どうしても作業場として使ってた机を使わないとまずくなったため、本日作業した。

後は、水槽をセット。外部フィルターに荒目スポンジや濾材を入れてセットアップ。もちろん水槽にもオブジェをセット。底砂は田砂を2kg。しかし、想定よりオブジェがでかい。魚は良いけどエビがAQUA-Uからの避難水槽でめっちゃ増えてるんだよな。大丈夫かな。心配だ。いざとなれば1号機に移植するか。

でまぁ、今朝方通水試験やってみたんだが、フィルターのパッキンから水漏れ。どーも上手く塞げない。ネットを見るとパッキン交換可能みたいな事も見たのだが、俺には出来そうにない。なので、残念ながらポリタンクでの外部フィルター作成になりそうだ。

新しいアクアリウム水槽追加

きっちり書こうと思ってたら、もう面倒くさくなった。最初に書き始めてから20日経ってるし。とりあえず公開してしまう。

実は最近新しいアクアテラリウム水槽を追加した。水槽を購入したのは6月17日。その数日前からアクアテラリウムをやりたくて仕方が無く。なんとか我慢してた。しかし、苔テラリウムの小型ケースの一つが駄目になってしまったのを見て水槽追加の決意が固まった。

ホームセンターをハシゴして、最終的にGEXのマリーナM水槽(35.9×22×26.2cm)を購入。その他の必要な物を買ってきた。目玉は鉢底ネットを1m*1.5mくらい買ったことかな。底面フィルターを準備し翌18日は観葉植物と崖作りに使う水成岩の小石を大量に。小石を清掃し、乾燥して粉を拭き取り、様々準備していく。鉢底ネットで蛇籠を作成。そして珪砂や濾過砂利で底を作ってから、水成岩を積み上げる。接着はバスコーク。12時間の乾燥をした後に通水し、毒を洗い流す。

植物を置いて、試行錯誤で水中ポンプから分岐して22日は上手く動き。まぁなんだかんだとやってるとPHが8。アカンと言うことで作り直し。

なんだかんだやってやっと24日にできあがり。その後も水草足したり、ちょっとずつレイアウト変わったりしてる。

そうこうしているうちにAQUA-U水槽が崩壊。新しくアクアテラリウム水槽を作ろうとしているが、すでに10日近く経ってて。ヤバいなぁと。

今朝の水槽

先ほど水替えをした。新しいレイアウトにしてからは毎日水替え。1.5~2Lを変えている。全体の1/3くらいか?ブラックホールミニを入れているが、古い水は黄色い。流木からの色素で間違いなかろう。流木に白カビが付く。ピンセットで取るがまた出てくる。水の色とカビは流木から栄養素が抜けるのを待つしかあるまい。

古い水を抜く際に、ソイルをピンセットで突っついてゴミを出し、ホースで吸い取る。ホースが太いので、大ざっぱにしか取り除けないけど。後は、取水口のストレーナも突っついてゴミを取る。これも適当。本格的な掃除を先送りにする効果しか無いだろう。

ただ、水から良い匂いがするようになってきた。土の匂いのような奴。バクテリアが育ってきたのか。色々突っ込んだのが匂うだけなのか?様子見だろう。足す水に入れる液体は定量の半分から1/3くらいにしてる。それで様子を見よう。

水槽全景

ソイルやらストレーナやら突っついたので、石がずれた。なので簡単に再配置。以前より良い見た目になった気がする。

中央部拡大


モスも良い感じになりつつある。気泡を抱くようになってきた。活着には時間が掛かるのだろうか?無事活着したら、テープを取ってしまいたい。やっぱりあまり見た目が良くない。釣り糸で縛る器用さがなかったからなぁ。

水槽の現状

先日、アーム式のライトが到着した。

元々付いてたLEDライトと合わさってすこぶる好調だ。

ただ、幾つか問題があった。

  • 流木からの色素
  • 油膜
  • 流木に付く白カビ

色素と白カビは、流木の処理の問題だ。リセットして流木を処理すれば良いのだが、ちと踏み込めない。なので、地道に対処する方法になる。具体的には水替え。後は、ブラックホール試したり、麦飯石入れたりとか。あと、生体。ミナミヌマエビを追加する。というか、今日やった。4匹追加。水あわせも順調なようで、もうツマツマしてる。良い事だ。

油膜は正直原因が分からない。富栄養であるとすれば、流木由来。バクテリア死滅か死骸由来ならどこかでくたばってしまったアカヒレ由来。ソイルは吸着系と聞いてるので、そっちではないとおもう。確率的には流木だろうと思う。

となれば、流木からの流出が止まるまでじっくり水替えするしかないのだろうなぁ。面倒な事だ。

GEX AQUA-Uでアクアテラリウム再開(6年ぶり)

5/12に苔テラリウムの再構成をし、YouTubeで資料を確認していたところ、GEXのAQUA-Uというミニ水槽を見つけた。部屋のスペースと景観的に、さすがに水槽は無理と思っていたのだけど、これなら設置可能と判断。翌13日に五十市のニシムタに行き、他の用具について確認する。ニシムタでは生体がかなり充実していて、今後通うことを決心する。

5/14(月)注文。5/16到着。さすがにこの日に作業は出来ず、実際に手を入れたのは翌17日。

こんな感じで作った。オブジェクト同志はホットボンドで接着してみたのだが、後々剥がれてしまいかなり残念な事に。

その後、オブジェクトの剥離とその他のことで気になり、またニシムタに行き生体を。当初ミナミヌマエビ3匹入れたのだが、絶滅したのだ。ヤマトヌマエビ5匹を導入した。エアポンプを入れたが音が大きすぎて買い直したり。

5/26(土)

その後も何とか低空飛行でやっていたのだけど、どーもPHが高すぎる。PHが8とかある。クエン酸入りの水で水換えしてみるが効果無し。入れた時はアカヒレもエビも大喜びだったので、きついのだろう。恐らく底砂に導入した白砂利が原因だろうと判断。物は試しに白砂利を取り除き、ソイルを入れて見る。良さそうに見えたのでそのまま運用しようとすると、エアポンプがエアを噛む。底砂をいじったからフィルターが詰まったか?! と大手術を判断し作業開始! しかし、夕方には出かけないといけない所が!果たして間に合うか!? とやっつけながらなんとかやってみた。底面フィルターから外掛け?に。 変えて見たがやっぱりエアを噛む。よく調べると濾材がタワーの吐出口に詰まってしまっていた。吐出口の羽目方を変えると元通り。しかし今更戻せない。ソイルも詰め込んだし。ということで、そのまま運用。水位も上がった。8Lくらい。

ともあれ、現在は比較的水質も安定。ただ、油膜が出たりするので、しばらくは毎日水替えする予定。

種類
苔(水上) 自宅の苔など
植物 ベニシュスラン、不明
水草 ニューラージパール
アカヒレ×2
エビ1 ヤマトヌマエビ×1
エビ2 ミナミヌマエビ×5?

ミナミヌマエビの数は分からない。死んだり足したりしたし、溶岩や流木の立体ジャングルなので正確な数を数えようが無い。
ヤマトヌマエビは常にどこかに隠れてて、日に二度くらいしか顔を見せない。隠れボスになっている。

エビも魚も活発に動き出したので良い感じかな?落ち着いたらまた環境などをアップしてみようと思う。

後は、水草を入れたので、アーム式のLEDランプを導入する。30日に届く予定。苔が枯れなきゃ良いが。まぁそうなったらまた考えよう。

苔テラリウムにケースファン

苔テラリウムの新作に、南天を入れて見たのだが、ちょっと元気が無い。根腐れの可能性を店員さんにも指摘されていたので、通気性が必要だと考える。新作は丈が高く、空気が籠もりそうだった。USB扇風機みたいなのを仕込むと良さそうだと考える。

適度に検索したところ、AmazonにUSB型のケースファンを発見する。ケースファンは、デスクトップ型のパソコンの筐体に付いている換気扇のような物だ。大きさも5cm位から20cmくらいまでと色々ある。通常、コレの電源はパソコンの電源ユニットから取るのだが、USB差し込み口が付いているモノがある。とのこと。今回はそのうち14cmの「AC Infinity MULTIFAN S4 静音 140mm USB 冷却ファン」を選んでみた。

これならコンセントで携帯用のUSB-ACアダプターで電源を取り、自由に取り付けが出来る。コードも180cmあるので取り回ししやすい。回転数もスイッチで切り替え可能。値段も普通のUSB扇風機よりは安い。納得して買ったんだが、取り付けて思った。「でかい!」完全に瓶の口を塞ぐ大きさ。寸法間違えたかな?

まぁしょうが無い。これで南天が元気を取り戻すと良いのだけど。

苔テラリウムリニューアル

昨日、今日と苔テラリウムのリニューアルと増築を行った。
いやほんとは、増築の予定は無かったんだけど、勢いで。

昨日は午前中にこれまでの容器を全部ブチまけて掃除し、買った石と苔を眺めた。レイアウト的なモノを考えたのだ。2個有った小さい容器は予備となり、2個分の大きさを持った容器(ミニ水槽)がセットアップされた。
午後は一生懸命頑張って作った。かなり疲れた。まぁそこそこの出来になったと思う。
これで予定の作業は終わったのであった。

今日は、ほんとは作業するつもりは無かった。しかし暇なので、庭にある苔は使えないかと調べ始めた。土を大ざっぱに払い、2時間ほど水没させ、通常より薄くした殺菌剤(ダコニール1000など)にざっと漬ける。そうすると大体使えるようになるという。
ならば、近くに売ってないかとホームセンターに行く。一番近いホームワイドには無かったのだが、それで火が付いた。もう一件、サンパークに行った。ここは農業資材などを多く扱ってる店。すると有った。おまけに使えそうな観葉植物(ラミウム)もあるではないか。
見るだけのつもりだったが、色々がっつり買っていた。ここでは苔テラリウム向けの容器は無かったのでホームワイドに戻る。この時にはすっかり追加分を作る気になっていた。
ガラス容器とソイル、観葉植物(南天)などを買い、家に戻る。
雨が降っていたが気にせず庭を徘徊し、苔を採取。洗浄し水没させ、下処理を開始した。

水没が終わったら、ダコニール1000を通常より薄い2000倍程度に薄めて漬けた。ざっくり漬けて、揉み、殺菌液からとりだした。これが正しいかどうかは分からない。
そこからは作成作業である。夕方には大まかに出来上がった。しかし、苔は沢山余ってしまった。南天も結構余った。これはまぁ他の観葉植物の鉢に入れれば良いが。苔には悪い気がした。

そこで、予備になっていた小さい容器にざっくりと作って上げた。30分くらいでちょちょいと。余り物の苔と余った石で。それでも慣れてきたからかまぁまぁのものが出来た。
置き場が苦しくなったので、台の上は整理整頓され、綺麗になった。怪我の功名である(?)

まぁそんなこんなで落ち着いたが、苔や植物が上手く落ち着くかはしばらくしないと分からない。楽しみのようなこわいような、である。

苔テラリウムできた。(デグー乱入有り)

先日、瓶などを買って準備ができた苔テラリウム。本日肝心の苔が来たので夕食後作ってみた。
自分なりの美的感覚なのだが、まぁまぁ満足。

途中、あんまりタロー君が反応するから出してやったら、まぁやんちゃなこと(^^; 被害が出ないうちにケージに帰って貰ったけど、面白かった。